【朝日新聞掲載】手ロクロ、手彫りの白磁酒器セット 白磁牡丹彫り

陶歴40年超の有田焼白磁の名匠、山口幹彦。

経済産業省指定の伝統工芸士であり、日本工芸会正会員として著名な山口幹彦。精緻さと存在感を併せ持った独自の白磁牡丹彫。氏の名工としての人生は朝日新聞社を筆頭に大手新聞社から特集を組まれるほどです。造形の名匠による力作。白磁発祥の地である「有田」を冠するにふさわしい、「白」が際立った酒器セットでございます。

白一色だからこそ、シンプルな形状だからこそ、妥協を許さずとことんまで見た目と形にこだわっております。徳利の口縁は、薄く繊細なカーブを描いており、注ぎやすくなっております。
洗練された形状の徳利とぐい呑みの酒器セットは、大切な方への御祝に、節目の贈り物に、おすすめでございます。

【朝日新聞掲載】手ロクロ、手彫りの白磁酒器セット 白磁牡丹彫りの商品紹介写真1

陶歴四十年超、白磁の名匠作

大手新聞社から特集多数。透かし彫りが刻まれた、とっくりとぐい呑み2個の酒器セットです。白一色だからこそ、シンプルな形状だからこそ、妥協を許さずとことんまで見た目と形にこだわっております。徳利の口縁は、薄く繊細なカーブを描いており、注ぎやすくなっております。
【朝日新聞掲載】手ロクロ、手彫りの白磁酒器セット 白磁牡丹彫りの商品紹介写真2

有田焼白磁と大輪の牡丹

白磁発祥の地である「有田」を冠するにふさわしい、「白」が際立ったお品でございます。ぬけるように白い白磁に、牡丹の花が透かし彫りで花開いております。美人をたとえて、「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花」といいます。花の王ともいわれ、古来より華やかさの象徴とされ愛でられました。
【朝日新聞掲載】手ロクロ、手彫りの白磁酒器セット 白磁牡丹彫りの商品紹介写真3

高度な技術の賜物

光に照らし合わせると牡丹の絵柄が輝き光ります。繊細な牡丹絵を均一的に掘り起こせる高度な技術は氏特有のものであり、素材として選ばれる有田の陶石が非常に硬く、ろくろを回すのも難しいといわれている中、光を透光させる角度も細かく考えて、繊細な透かし彫りをほどこした高等技術を存分に発揮しております。
【朝日新聞掲載】手ロクロ、手彫りの白磁酒器セット 白磁牡丹彫りの商品紹介写真4

利便性を兼ねた有田焼高級磁器

酒器には磁器が最適とされています。天草産最高級陶石を使用。吸水性がなく汚れが付きにくいため、お手入れが簡単です。陶器のような土臭さもなくお酒の香りを存分にお楽しみいただけます。食洗器電子レンジの加熱にも対応しております。
【朝日新聞掲載】手ロクロ、手彫りの白磁酒器セット 白磁牡丹彫りの商品紹介写真5

手に吸い付くような持ち心地

透かし彫りを最も美しく表現するために、極限まで造形にこだわっております。こちらの徳利の重さはわずか300g、ぐい呑みの重さは95グラムの重さしかありません。軽やかでもち心地が良く。日々の晩酌が楽しくなる酒器セットです。
【朝日新聞掲載】手ロクロ、手彫りの白磁酒器セット 白磁牡丹彫りの商品紹介写真6

実用性と美しさ

大きく大胆に刻まれた牡丹の彫刻は、酒器に個性と華やかさを与えてくれると共に、実は手彫りによって少しでも重さを軽くさせる工夫が隠されています。その軽やかさはふんわりと手に馴染み、老若男女問わず持ち手を疲れさせないように作られています。食器洗濯機も電子レンジでもご利用いただける嬉しい実用性と、その形状はまさに究極の用の美に拘った集大成の酒器セットであります。
【朝日新聞掲載】手ロクロ、手彫りの白磁酒器セット 白磁牡丹彫りの商品紹介写真7

節目の贈り物に

有田焼400年の伝統と歴史を継承した、有田焼の真髄ともいえる酒器セット。晩酌のお供に。大切な方への御祝に、様々な場面のギフトで好評をいただいております。
【朝日新聞掲載】手ロクロ、手彫りの白磁酒器セット 白磁牡丹彫りの商品紹介写真15
商品のサイズ
大きさ
徳利:高さ:14cm 径:8cm
ぐい呑み:高さ:5.5cm 径:7cm
商品内容
徳利×1 ぐい呑み×2 桐箱 陶歴しおり

※手作り商品のためサイズなどに若干の誤差が生じる場合がございます。

商品のレビューはまだありません。